合宿免許のサービス内容を見きわめる

費用の安い合宿免許は?

合宿免許の教習所は、地価が安い地方に多くあります。
観光地や人気のレジャー地である北海道や沖縄などは、費用も高くなりますが、周囲にレジャー施設のない緑に囲まれている地域ならば、費用は低く設定されているようです。
宿泊施設によっても変わってきます。
1人部屋と4人部屋か、食事なし、食事の内容によっても費用が違います。
時期によっても費用が異なります。
春休みや夏休みなどは、繁忙期にあたりますので上がりますが、閑散期なら格安プランがあります。
10月~1月の時期に新潟県・山形県でAT免許180000~・MT免許200000~が最安値ではないでしょうか?
7月~9月の時期になるとAT免許300000~・MT免許320000~が相場ですので、かなり差があります。

メリット・デメリット

メリットは何と言っても短期間で、格安の費用で免許が取得できることです。
旅行気分も味わえますし、初対面でも同じ目的を持っているので友人も作りやすいのではないでしょうか?
プランによっては往復の交通費を支給してくれるところもあります。
休日以外学科と実技の教習があり、教習の間隔が空くよりも交通の知識や運転技術の取得が集中してできます。
デメリットは、まとまった休みが必要なことです。
期間中は帰宅ができませんので、慣れない環境が不安な方は向いていないかもしれません。
また、合宿免許の教習所は交通量の少ない市街地から離れている場所が多いので運転はしやすいですが、都会での運転に戸惑うかもしれません。
もしスケジュール内で合格できなかった場合、教習と宿泊の費用が追加でかかってしまいます。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ